【ワンパンマン】タツマキ(戦慄のタツマキ)/S級2位・フブキの姉プロフまとめ

動画サービス

タツマキ(戦慄のタツマキ)


S級2位。フブキの姉。少女のような外見のため周りから子供やフブキの妹などと勘違いされることが多いが、実年齢は28歳。服装は常に黒いドレスで、天然パーマがかかった緑髪が特徴。自らの低身長を気にしており、子供扱いされると激怒する。

その強大な超能力が周囲を戦慄させるところから、ヒーロー協会に本名に「戦慄」という枕詞を加えたヒーロー名を授与された。戦闘力はブラストを除けばS級の中でもずば抜けており、ほかのS級ヒーローでも苦戦するような怪人をいとも容易く退治したりする。


プライドが高く高飛車な性格ではあるが、休日や出動要請がない時でも自発的にヒーロー活動に打ち込むなど正義感は強い。しかし、複数の町の住民からタツマキへのクレームがヒーロー協会に殺到しており、ヒーロー協会幹部に「場合によってはタツマキ自体が災害になり得る」と問題視されている。


持ち前の卓越した超能力に関しては幼少期から既に研究機関から目を付けられ、本人の意思に反して親元を離れ英才教育を受けており、孤独な日々を送っていた。そこでの経験は、今のタツマキのヒーローとしての在り方に強い影響を及ぼしている。


妹のフブキを溺愛しており、妹をなるべく危険から遠ざけようとし、危害を加えようとする敵に対しては激昂する。

 

あらすじ

物語開始から三年前、就職活動に行き詰る青年サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。
しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから、次第に戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。

ワンパンマンのグッズ

アニメワンワンマン(ONE PUNCH-MAN)サイタマの弟子—ジェノス[Combat Ver]塗装済みみ完成品フィギア

ワンパンマン黒XL半袖サイタマOne punch Man

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました