【ケンガンオメガ】十鬼蛇 王馬(ときた おうま)/通称『阿修羅』のプロフまとめ

動画サービス

十鬼蛇 王馬(ときた おうま)

身長=182センチメートル
体重=85キログラム
拳願仕合戦績3勝0敗
企業獲得資産154億1400万円
年齢=不明
誕生日=本人は5月2日と言っているが、実際は不明
特技=自給自足
嫌いな食べもの=トマト
『ケンガンアシュラ』第1部・第2部の主人公。通称『阿修羅』。山下商事闘技者かつ元・乃木グループ闘技者だが、出自・流儀の一切が不明。古代ギリシャ像のような、美の観点から見ても最高レベルの肉体を有している。


性格は傲岸不遜で、自分より強い存在がいることを許せず、己の最強を信じて疑わない。人の名前をカタカナフルネームで呼ぶ癖がある。なぜか廃墟に住んでおり、イノシシなどの野生動物を仕留めたり、ゴミの埋立地から使えるものを拾ったりして生活している。そのため、やや社会常識に疎く、水着や国家予算といった知識は持っていないが、上納金などVシネマ由来の偏った知識はある。


赤ん坊の頃、十鬼蛇区と呼ばれる無法地帯に捨てられ、12歳の時に二虎に拾われた。出会った場所が「十鬼蛇」と「七王馬」の境界だったことから「十鬼蛇王馬」の名を与えられる。二虎から武術を教えられて育ち、4年ほどの間に奥義を含めたすべての技を習得したが、ある時二虎が敗死してしまい、以来10年間その仇を倒すためだけに鍛錬を続けていた。


二虎が命を落とす前に「憑神」で暴走したのを止めるため、「絶氣」で背骨の一部を歪めることで肉体に「枷」がはめられて実力が完全に発揮できずにいたが、成長によって徐々に綻びが生じ、トーナメント前の桐生との邂逅で完全に「開錠」される。
使用武術は一代で途絶えたと言われていた謎の武術「二虎流」で、一部では『二虎流を継ぐ者』『虎の器』とも呼ばれている。スピードタイプ寄りのオールラウンダー型ファイターで、突き・蹴りともにバランスの良いキックボクシング風の構えを取り、単純な殴り合いでも他の闘技者を圧倒するパワーとスピード、そしてテクニックを誇る。並外れた動体視力を活かす、操流ノ型「柳」を得意とする。聴覚も優れており、蕪木戦で身につけたカクテルパーティー効果で相手の動作音にだけ集中する技術により、視力を失った状態でも高速で飛来する物体を回避・迎撃できる。

幼少期からナイフなどの扱いにも長けていたが、武術を学び始めてからは使用していない。ただし、トーナメント2回戦まではあくまで二虎から「借りている」という感覚で武術を使っており、しばしば「アンタの二虎流」と口にしていた。また、エンジンのような音と共に、体色を赤く変化させた獣じみた状態となり、スピードを急上昇させる謎の技も持っている(本人は「前借り」と呼んでいる)。さらにあえて体力を限界まで使い切り、ハウスキーピングタンパクのみで体を淀みなく動かすという技術を、奥義伝授の際の極限状態の中で習得している。

憑神(つきがみ) / 前借り


意識的に心拍数を高めることで血流を加速させ、発生した熱量を運動能力に変換しスピードを急上昇させる技。心拍が高まることで心音がエンジン音のように鳴り響き、体表の血管が腫脹するためか体色も赤く変化、さらに状態が進行すると白目が呉一族のもののように変化する。王馬の切り札であり、雷庵戦までは追い込まれると安易に利用してしまうクセがあった。


急激な速度の増加をもたらすが、動きに精彩が無くなり、二虎流の一部の技が使えなくなる。特に金剛ノ型との相性は最悪で、コントロールできていない状態で使えば、最悪血管が裂けてしまう恐れがある。


体格や身体能力で勝る相手を短時間で蹂躙する場合には非常に有効である反面、巨漢との相性は悪く、一時的に互角の戦いを繰り広げられるようになるものの戦闘後には肉体に大きなダメージを負う。さらにこの技の使用時には心臓に平常時の4〜5倍に相当するほどの負荷がかかるため、全身の血管に損傷が生じて吐血や鼻・目からの出血を起こすばかりか、脳内出血が原因で記憶の喪失や混濁、幻覚、幻聴など重篤な症状が現れる。また、記憶の混濁によるものか普段以上に好戦的な性格へと変化する。


そして最大の欠点として、血液の循環を速めるという性質上、出力に比例して出血量が増加するため、裂傷を負った状態で使い続けると失血死する可能性がある。使えば使うほど命をすり減らす、諸刃の剣ともいうべき危険な技であり、王馬自身も自分の命がそう長くないと理解している模様。
実は出力のコントロールも可能であり、力の上昇率を抑える代わりに体の負担を軽減することもできる。これにより、2年後の王馬は自身の二虎流の奥義としてこの技を使っている。

ケンガンオメガ・あらすじ

拳願絶命トーナメントの終了から2年が過ぎた。拳願仕合の存在を知った青年・成島光我は、殺し合いを生き抜く本物の強さを求めて山下商事を訪れる。また、時を同じくして前拳願会々長・片原滅堂の前に王馬に生き写しの青年・臥王龍鬼が現れ、闘技者になる手段として山下商事を紹介される。

一方、新会長となった乃木は、拳願会の求心力低下を危惧して最近裏格闘技界の最大勢力となった「煉獄」との吸収合併を試み、相手側の出資者である豊田出光とどちらが団体を吸収するかを賭けて、半年後に代表選手各13名による対抗戦を行うことが決まり、山下たちは候補者の選定に奔走することになる。その裏では「蟲」と呼ばれる謎の集団が暗躍し、拳願会、煉獄の両陣営に魔の手を伸ばそうとしていた。

ケンガンオメガ・漫画&グッズ

ケンガンオメガ(1) (裏少年サンデーコミックス)

ケンガンアシュラ(1) (裏少年サンデーコミックス)

ケンガンアシュラ1[Blu-ray](特典なし)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました