【沈黙のWebマーケティング】内容要約とあらすじまとめ

読書日記

沈黙のWebマーケティングあらすじ

Webマーケティングとは、Webを通じてその商品の価値を顧客に届けています。Webマーケティングは魔法ではなく、そのままの価値を伝えられるだけです。なので、Webマーケティングを使えば売り上げが勝手に2倍、3倍になるわけではありません。Webマーケティングを進める中でたくさんの数字と向き合うことになりますが、結局は人とのコミュニケーションになります。なので本質を忘れてはいけないことが大事です。

沈黙のWebマーケティング目次

①夜明けのSEOペナルティ解除
②偽りと本質のWebデザイン
③Webライティングは2度輝く
④逆襲のSWOT分析
⑤コンテンツSEOの誘惑
⑥コンテンツマーケティング攻防戦
⑦真実のソーシャルメディア運用
⑧G戦場のレンタルサーバー
⑨さらばボーン!沈黙のかなたに

沈黙のWebマーケティングに出てきたもの

Googleが提供するサーチコンソール(通称サチコ)

サーチコンソールはどんな記事がリンクから流れているのかが分かるGoogleが提供しているサイトです。やってはいけないことも書いてあり、とても分かりやすかったです。

Webデザイン

Web上のデザインでは成約率を上げるためにとても重要です。また、オンライン集客をしたいのであれば、電話番号やメールアドレス、住所などを書いておくといいことも述べています。そうすることにより自分のサイトの滞在率が伸び、結果的に自分のサイトが見られやすくなります。しかし、デザインの本質は言葉である。言葉であるコンテンツを第一に考えデザインを考えよう。

まとめ

他にも自分でホームページやブログサイトを作るうえで大切なことが書かれていました。まずは沈黙のWebマーケティングを読んでみるのもいいかもしれません。沈黙のWebマーケティングの他にも、沈黙のWebライティングという本があるのでそちらも一度読んでみるといいでしょう。結局はコンテンツが大事になります。この本を読んでおけば、一通りのサイトからお問い合わせやアフィリエイトの報酬が出るまでの流れは作ることが可能です。特に響いたのはWebデザインの部分。Webデザインは言葉であるコンテンツありきで考えなければなりません。コンテンツからデザインを考えましょう。

沈黙のWebマーケティング ─Webマーケッター ボーンの逆襲─ アップデート・エディション

読書日記
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました