【ONE PIECE(ワンピース)】X・ドレーク(ディエス・ドレーク)の懸賞金や強さなどのプロフまとめ

ONEPIECE考察

X・ドレーク(ディエス・ドレーク)

海軍本部機密特殊部隊「SWORD」隊長。ドレーク海賊団船長。百獣海賊団飛び六胞。「最悪の世代」の一人。元海軍本部少将。異名は「赤旗」。懸賞金2億2200万ベリー。
「北の海」出身。31歳→33歳。誕生日は10月24日(X=ローマ数字の10、アルファベットの24番目)。身長233cm。さそり座。血液型X型。好きな食べ物はチキンライス。嫌いな食べ物は卵。趣味は爬虫類マニア・天体物理学。


顎と胸に「X」の字が刻まれた男。アイマスクと二角帽が特徴。パシフィスタなど海軍内の情報に精通している。女性の裸に免疫がなく、見るとめまいを起こして倒れ込んでしまう。武器はサーベルとメイスの二刀流。


動物系古代種の悪魔の実「リュウリュウの実 モデル“アロサウルス”」の能力者。獣型では、牙の一噛みでパシフィスタを流血させる力を持っている。
元海軍将校の海賊ディエス・バレルズの息子で、かつては父の海賊団に所属していた。幼い頃は海兵の父に憧れ、自身も海兵になることを夢に持ち、当時は「ドリィ」と呼ばれていた。当時から一味の誰よりも腕っぷしはあったらしいが、海賊となった父に暴力を振るわれ、常におびえていた。13年前、ミニオン島でドフラミンゴが発動した「鳥カゴ」から運よく逃げ出し、海軍に保護された。父を殺したドフラミンゴには特に恨みを抱いていない。


シャボンディ諸島では、小競り合いを起こしたキラーとウルージの戦いを制止した。その後、パシフィスタと交戦したが、黄猿に深手を負わされた。新世界進出後、カイドウのナワバリである冬島で、傘下のスコッチに戦いを仕掛けた。その後、カイドウの傘下に入り「真打ち」となり、ワノ国の編笠村を滅ぼした。


狂死郎一家の子分を倒したそば屋(サンジ)への見せしめとして、ページワンと共に花の都に召集される。その翌日、おそばマスクの捜索中に湯屋でサンジと遭遇するが取り逃がす。羅刹町での康イエの処刑の際、サンジと交戦するが、またも逃げられる。後日、カイドウとビッグ・マムが海賊同盟を結ぶことを部下のコビーに伝える。

あらすじ

シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。旅立ち直後にいきなり遭難したルフィは、海軍に入ることを夢見る少年コビーと出会う。ルフィは女海賊アルビダを倒し、コビーを海賊船の雑用係から解き放つ。
ルフィとコビーは海軍基地の町「シェルズタウン」に到着する。「海賊狩り」の異名を持つ悪名高い賞金稼ぎロロノア・ゾロが海軍に捕らえられていることを知ったルフィは、海軍基地に乗り込み、ゾロを救い出す。三刀流の剣士ゾロは、圧政を振るう海軍大佐モーガンをルフィと共に倒し、ルフィの最初の仲間となる。二人はコビーと別れ、世界中の海賊が集まる海「偉大なる航路(グランドライン)」を目指す。

ワンピース グッズ

ワンピース DXF BROTHERHOOD II フィギュア アニメ グッズ プライズ バンプレスト ルフィ&サボ&エース全3種フルコンプセット

フィギュアーツZERO シャンクス(頂上決戦Ver.) [並行輸入品]

 

スポンサーリンク



ONEPIECE考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました