『アクタージュ act-age』夜凪 景(よなぎ けい)のプロフィールまとめ

動画サービス

夜凪 景(よなぎ けい)

本作品の主人公。女優志望の高校2年生。16歳。5月15日生。身長168センチメートル。2年5組出席番号40番。


人目を引く端正な容姿とスタイル、高めの身長と頭身、さらに恵まれた身体能力・運動神経の持ち主。一般人とは多少異なる感性を持ち、孤立気味で友達もいない。クールな外見に反してかなり天然な面がある。好きな映画は「ローマの休日」「カサブランカ」「風と共に去りぬ」などラブロマンス好き。


母親を亡くし、父親は家を出て行ったため弟と妹と三人で暮らす。家を出た父親から仕送りをされているが、手を付けることを拒んでいる為、景のアルバイト以外収入はない。そのため部活の勧誘は全て断り、俳優活動をするまで弟妹の給食費を滞納していた描写がある。

物語初期は人間味が薄く、演じるように感情を出すため、妹から怖がられる。賞金を目的に弟妹たちに勧められ役者オーディションを受け、いろいろな役者や演出家に触れ、役者を志すようになる。


幼少期より家に残された多くの映画を見て、自らの過去を追体験するメソッド演技法を無自覚に身に着けた。感情面では周囲の者を自身の役に引き込むほどの没入した演技を見せる。しかしそれは「その感情になった夜凪景」としての演技で、自身の体験したことのない感情やシチュエーションを演じることができなかったり、台本や演出通りの芝居ができず暴走するなど荒削りな部分も見せる。

失踪している父親に関しては多くを語らないが、舞台「羅刹女」の役作りをする際に父親の記憶を思い出すことで「怒り」の感情を自身に落とし込んでいる。
黒山が立ち上げたスタジオ「大黒天」に所属し、CM・エキストラ・映画「デスアイランド」・舞台劇「銀河鉄道の夜」出演と数々の現場に立ち成長を遂げていく。

あらすじ

役者志望の女子高生「夜凪 景(よなぎ けい)」はプロダクション『スターズ』のオーディションを受けるが、不合格となる。しかし、その選考にかかわっていた映画監督「黒山 墨字(くろやま すみじ)」と出会い、黒山の率いる『スタジオ大黒天』に所属し、役者をめざし成長していく姿を描く。

『アクタージュ act-age』の漫画&グッズ

アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アクタージュ act-age 宇佐崎しろ イカード ポストカード

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました