【夢を叶えるゾウ2ガネーシャと貧乏神】内容要約と感想まとめ

読書日記

【夢を叶えるゾウ2ガネーシャと貧乏神】とは

売れない芸人西野勤太郎が今回の主人公。芸人ライブで1人だけ笑っている人がいた。ガネーシャである。笑いのツボが他とは違いすぎるガネーシャ。西野のギャグにはセンスがあるといい、コンビになろうというところから話が進む。朝起きると西野の家に急に女性が現れた。金無幸子(かねなしさちこ)というが、西野はピンとこない。西野とは8年間同棲しているともいう。え?そこにガネーシャが現れる。幸ちゃんやん。そうその女性は貧乏神であった。。。

【夢を叶えるゾウ2ガネーシャと貧乏神】ガネーシャの教え

①図書館に行く
②人の意見を聞いて、直す
③締め切り日を作る
④つらい状況を笑い話にして人に話す
⑤優先順位の1位を決める
⑥やりたいことをやる
⑦楽しみを後にとっておく訓練をする
⑧プレゼントをする
⑨他の人が気づていない長所をホメる
⑩店員を喜ばせる
⑪自分が困っているときに、困っている人を喜ばせる
⑫ほしいものを口に出す
⑬日常生活の中に楽しみを見つける
⑭つらいとき自分と同じ境遇にいる人を想像する

【夢を叶えるゾウ2ガネーシャと貧乏神】教えをやってみた

図書館に行く

大学の春休みに図書館に通っていました。図書館は普段読まないものも手に取ることができるので自分が興味のない分野も無料で読むことができます。本の書いた知識や経験を自分の血肉にすることができるのも図書館に行くメリットだと思います。有名なビジネス本だと、バビロン大富豪の教え7つの習慣金持ち父さん貧乏父さんあたりは図書館でもおいてあります。ぜひ、1度図書館に行ってみましょう。

優先順位の1位を決める

優先順位の1位を決める。これはバビロン大富豪の教え7つの習慣でも話されています。自分のやりたいことがたくさんある!という人はまずは何をまずやりたいのかを優先順位を決めるべきです。僕の場合だと『自分が幸せになること』が優先順位の1位です。その次に、『自分の経済圏内の人を幸せにする』が2番目です。このように自分の優先順位を決めてみましょう。優先順位を決めるものはモノでも思いでもいいと思います。

【夢を叶えるゾウ2ガネーシャと貧乏神】感想まとめ

今回はお笑い芸人が主人公でしたが、波乱万丈でしたね。ガネーシャに借金を作らされるは。釈迦が恋の天敵になるはで。。。しかし、話を読んでいくうちにガネーシャがいろいろと今まで教えてきた著名人を例に教えを説きます。また、漫才の大会では、死神につかれた後輩を知ってしまうところも仰天でした。まさか死神が出てくるなんて。。。そんなこんなあり、結局は西野さんは幸せになれたのかというと。。。それは読んでからのお楽しみですね。1度手に取って読んでみてくださいね。

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

読書日記
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました