【夢を叶えるゾウ1から4まで】ガネーシャの教え名言集まとめ

読書日記

夢を叶えるゾウとは

『夢をかなえるゾウ』(ゆめをかなえるゾウ)とは、日本の男性作家・水野敬也の著作による書籍である。飛鳥新社より2007年8月29日に刊行。2012年に第2弾『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』、2014年に第3弾『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』、2020年に第4弾『夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神』が発売されている。

【夢を叶えるゾウ】ガネーシャとは

ガネーシャは人間の体にゾウの鼻、4本の腕を持ったインドの神様で、財産や学問の神として大衆に信仰されている。

【夢を叶えるゾウ】ガネーシャの性格や特徴

□能力として人の心が読める。また、人に化けること、空を飛ぶことができる。

□ビッグバンをリアルタイムで見ているほか、アイザック・ニュートンが万有引力を発見したきっかけをも作ったらしいが、虚言癖があるため真偽のほどは定かではない。

□関西弁を操り、松下幸之助を幸ちゃん、本田宗一郎を宗ちゃんなどと著名な人物をも愛称で呼ぶ。

□ヘビースモーカー。過去何回か禁煙にチャレンジしたがだめだったよう。

□お金も含めて人のものをちゃっかり使う。

□甘いものが好きで主人公との出会いで、あんみつが好物になった。

□目玉焼きにはベーコンがついていないと気がすまない。

□仏教の開祖・釈迦と仲が良い。「今生の別れコント」なるネタを持っている。

□富士急ハイランドのジェットコースター、「ドドンパ」に乗りたがっている。

【夢を叶えるゾウ1】ガネーシャの教え

①靴を磨く

②コンビニでお釣りを募金する

③食事を腹八分に抑える

④人が欲しがってるものを先取りする

⑤会った人を笑わせる

⑥トイレ掃除をする

⑦まっすぐ帰宅する

⑧その日頑張れた自分を褒める

⑨1日なにかを辞めてみる

⑩決めたことを続ける環境を作る

⑪毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

⑫自分が得意なこと、苦手なことを人に聞く

⑬夢を楽しく想像する

⑭運が良いと口に出して言う

⑮ただでもらう

⑯明日の準備をする

⑰身近にいる1番大事な人を喜ばせる

⑱誰か1人の良いところを見つけて褒める

⑲人の長所を盗む

⑳求人情報を見る

㉑お参りに行く

㉒人気店に入り、人気の理由を観察する

㉓プレゼントして驚かせる

㉔やらずに後悔していることを今日から始める

㉕サービスとして夢を語る

㉖人の成功をサポートする

㉗応募する

㉘毎日、感謝する

【小説】夢を叶えるゾウ1の要約とガネーシャの宿題まとめ

夢をかなえるゾウ1

夢を叶えるゾウ1のあらすじ

主人公はどこにでもいる普通のサラリーマン。彼はこれまでにも自己啓発の本を読んだり、自らを変えようとしていたが、三日坊主の性格が災いして失敗し続けてきた。そして、会社の先輩の友人・カワシマ(実際には名刺交換しただけ)が開いたパーティーに出席した彼は、そこで有名人やアイドルの友達が談笑しているのを目の当たりにし、自分の住んでいる世界との差を痛感する。その夜、彼は泥酔したままインド旅行で買った置き物に「人生を変えたい」と泣き叫ぶと、次の朝、枕元に関西弁を話す謎の生物が。それは置き物から化けて出てきた神様・ガネーシャであった。主人公はガネーシャに振り回されながらも、夢を成すためにガネーシャの課題を行うことになる。

本書では「ガネーシャが与えた課題を実践し、身につくまで継続することが大切である。」 と謳っている。自分が変わることに期待しているうちはいいが、時間がたつと「自分は変われない」という考えになり、それがいつまでも続いていくのが変われない理由だとし、継続した実践の大切さを強調している。

【夢を叶えるゾウ2ガネーシャと貧乏神】ガネーシャの教え

①図書館に行く

②人の意見を聞いて、直す

③締め切り日を作る

④つらい状況を笑い話にして人に話す

⑤優先順位の1位を決める

⑥やりたいことをやる

⑦楽しみを後にとっておく訓練をする

⑧プレゼントをする

⑨他の人が気づていない長所をホメる

⑩店員を喜ばせる

⑪自分が困っているときに、困っている人を喜ばせる

⑫ほしいものを口に出す

⑬日常生活の中に楽しみを見つける

⑭つらいとき自分と同じ境遇にいる人を想像する

【夢を叶えるゾウ2ガネーシャと貧乏神】内容要約と感想まとめ

 夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

【夢を叶えるゾウ3ブラックガネーシャの教え】ブラックガネーシャの教え

□自分の持ち物で本当に必要なモノだけ残し、必要のないものは捨てる
□苦手な面を見つけて克服する
□目標を誰かに宣言する
□1つの分野のマスターに挑戦する
ーうまくいっている人のやり方を調べる
ー1度自分のやり方を捨て、うまくいっている人のやり方を徹底的に真似る
ー空いた時間をすべて使う
□合わない人をホメる
□気まずいお願い事を口に出す
□今までずっと避けてきたことをやってみる
□自分の仕事でお客さんとして感動できるところを見つける
□1度儲けを忘れてお客さんが喜ぶことだけを考える
□自分の考えを疑ってみる
□自分にとって勇気が必要なことを1つ実行する
□優れた人から直接教えてもらう
□一緒に働いている人に感謝の言葉を伝える
□自分で自由にできる仕事を作る
□余殃にないときに、ユーモアを言う
□目の前の苦しみを乗り越えたら手に入れられるものを、できるだけ多く紙に書きだす
□ほしいものが手に入っていく「ストーリー」を考えて、空想をふくらませていく
□手に入れたいものを「目に見える形」にして、いつでも見れる場所に置いておく
□自分流にアレンジする

 

【夢を叶えるゾウ3ブラックガネーシャの教え】あらすじ内容と感想まとめ

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

まとめ

また読んだら更新していきます

読書日記
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました