【ONE PIECE(ワンピース)】ロロノア・ゾロのプロフまとめ│「三刀流」の剣士

ONEPIECE考察

ロロノア・ゾロ

所属:賞金稼ぎ→麦わらの一味戦闘員
懸賞金:6000万ベリー→1億2000万ベリー→3億2000万ベリー
出身地:東の海 シモツキ村
年齢:19歳→21歳
誕生日:11月11日
身長:178cm(超新星編)→181cm(新世界編)
星座:さそり座
血液型:XF型
好きな食べ物:白米、海獣の肉、酒に合う物
嫌いな食べ物:チョコ(甘すぎる)
得意料理:刺身
趣味:修業、酒
好きな島と季節:秋島の秋
入浴頻度:週に1回
就寝・起床時間:午前4時 – 午前7時(+昼寝)

海賊「麦わらの一味」。異名は「海賊狩りのゾロ」。「最悪の世代」の一人。「東の海(イーストブルー)」のシモツキ村出身。

ルフィの最初の仲間。両手の二刀に加え、三本目の刀を口にくわえて振るう「三刀流」の剣士。世界一の剣豪を目指している。クールでストイックな武士道精神の持ち主。短く刈った緑色の頭髪、左耳に3つ付けた雫型のチャームを下げた金のピアス、腹巻が特徴。左胸から右腹部にかけてミホークとの戦いで斬られた傷、両足首にリトルガーデンで拘束から逃れるために自らの足を切断しようとした際の傷があり、新世界編からは左目にも傷がある。一人称は「おれ」。

「世界一の剣豪になる」という野望のため、ストイックに強さを求道している。船内では鍛錬を積んでいる風景が良く見られ、強敵や死線も己を高めるものとして好んで挑む。一切の甘えも妥協もない武士道精神を持ち、ミホークとの戦いでは敗れる事を悟った上で「背中の傷は剣士の恥だ」として、背後からの攻撃を、あえて振り向いて真正面から受けるなど、己の命よりも信念を貫くことを選ぶ。

強敵と勝負する際には気合を入れるため、普段は左腕に巻いている黒手拭を頭に巻く。普通とは逆に、刀を腰の右側に挿している。また、刀を口にくわえながらでも話せる。特訓をしていない時は場所問わず寝ていることが多い。サニー号に置いてある本は、武術の本や武器図鑑、高額賞金首の手配書集などである。

一味の中ではルフィに次ぐ主力で、戦闘時は最前線に立つことが多く、敵組織のナンバー2や剣士を相手にすることが多い。海軍や他の海賊団からは一味のナンバー2として認識されており、バルトロメオは彼のことを副船長と見なしている。自分が海賊の一員であることを自覚しており、ルフィと同じくヒーローとして扱われることは嫌がる。

ルフィを船長として立てて時に厳しく支えながらも、その決断には絶大な信頼を置いている。実際に一味が窮状となった場合は、ゾロの冷静で峻厳な姿勢が一味の引き締め役となり進む道を決定付けている。ウォーターセブン編で一時離脱したウソップが復帰を試みていることを知った際、彼を迎えに行こうとした他のメンバー達を制止し、「ウソップの方から謝らない限り、復帰を認めるべきではない」と戒め、スリラーバークでバーソロミュー・くまがルフィを始末しようとした際、一切の野望を捨てて自ら身代わりを買って出たこともあった。

海賊団としての大局的な状況把握も冷静に行っており、ドフラミンゴファミリー撃破後のカイドウと自分達との関係性と目的についても仲間に説明を行っている。

基本的にはクールな皮肉屋だが、どこか抜けている所も多々ある。極度の方向音痴で、方角の概念すら理解しておらず、仲間が目を離すとすぐにどこかへ行ってしまう。仲間からはゾロを一人で行動させることを避けられているが、本人にその自覚は一切なく、はぐれても仲間を迷子扱いにするほどである。

ミホークに満身創痍にされても自分の弱さを認める形で憎しみを抱かず、自分を死刑執行しようとしたヘルメッポを眼中にないという形で忘れるなど、よくも悪くも過去にこだわらず、根に持たない潔さをもっている。

酒好きで、一味ではナミと並ぶ酒豪。ルフィが傘下に強引に”交わされた”「子分盃」は、ゾロが全て飲んでしまっていた。軟派なサンジとは犬猿の仲で、相性の悪さからいつも喧嘩をしており、サンジからは「マリモヘッド」「クソ剣士」「迷子マリモ」などと渾名を付けられている一方、ゾロもサンジに「エロコック」「眉毛」などと言い返しているが、戦闘に関する互いの実力は認め合っており、非常時の際の呼吸は抜群に合っている。

またよく単独行動をとるサンジに苦言を呈することがあるが、同時に気にかけてもいる。サンジほどではないが女性には甘いところがあり、本人も「斬りたくないものはある」とそれを認めているが、「絶対に人を噛まないと保証できる猛獣など存在するのか」と語り、他に手段がなければ斬ることも厭わないという意思を示している。

ゾロの刀

和道一文字(わどういちもんじ)


大業物21工の一振り。白塗鞘太刀拵・直刃。時価は1000万ベリー以上。製作者は名工・霜月コウ三郎。
本編より50年以上も前に作られた。親友・くいなの形見であり、くいなの死後に彼女の父コウシロウから貰い受けた。三刀流の際は、基本的にこの刀を口に咥える。一刀流の際にも多く用いられる。

三代鬼徹(さんだいきてつ)


業物の一振り。悪名高い鬼徹一派の妖刀。革包太刀拵・乱刃・五の目乱。時価は100万ベリー以上。製作者は名工・天狗山飛徹。
歴代の所有者がことごとく悲運の死を遂げた逸話を持つ。その切れ味はゾロに「問題児」と称され、「主人の斬りたい時にだけ斬れる」という名刀の定義を無視するほど。また、妖刀ゆえに所在地がすぐに把握できる。

雪走(ゆばしり)


良業物50工の一振り。黒漆太刀拵・乱刃・小丁字。
元々はローグタウンの武器商いっぽんマツの家宝だったが、ゾロの男気に惚れた彼から譲り受けた。軽量で扱い易い刀。エニエス・ロビーでの戦闘において、海軍のシュウ大佐によって修復不可能な程ボロボロに破壊される。その後もしばらくはゾロの腰にあったが、「秋水」を手に入れたことを切っ掛けにルンバー海賊団の墓の側に供養された。

秋水(しゅうすい)


大業物21工の一振り。黒刀。乱刃・大逆丁字。
雪走に比べるとかなり重いが、破壊力は非常に高い。元はワノ国でリューマの遺体と共に埋葬されていたが、何者かに盗み出されていた。スリラーバークにてリューマとの戦闘に勝利し貰い受け、雪走に替わるゾロの新たな刀となる。ワノ国で牛鬼丸によってゾロの手から奪われ、リューマの墓に返還された。

閻魔(えんま)


大業物21工の一振り。製作者は和道一文字と同じく霜月コウ三郎。
地獄の底まで切り伏せると称される、光月おでんのかつての愛刀。カイドウに唯一傷をつけた伝説の刀でもある。持ち主の流桜(覇気)を勝手に放出して必要以上に切断する特性を持ち、普通の剣士では力を吸われ干からびてしまう。ワノ国では唯一おでんのみがこの刀を手懐けることができた。
おでんの死後、娘の日和に託されていたが、「秋水」をリューマの墓に戻す代償としてゾロに譲られる。

あらすじ

シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。旅立ち直後にいきなり遭難したルフィは、海軍に入ることを夢見る少年コビーと出会う。ルフィは女海賊アルビダを倒し、コビーを海賊船の雑用係から解き放つ。
ルフィとコビーは海軍基地の町「シェルズタウン」に到着する。「海賊狩り」の異名を持つ悪名高い賞金稼ぎロロノア・ゾロが海軍に捕らえられていることを知ったルフィは、海軍基地に乗り込み、ゾロを救い出す。三刀流の剣士ゾロは、圧政を振るう海軍大佐モーガンをルフィと共に倒し、ルフィの最初の仲間となる。二人はコビーと別れ、世界中の海賊が集まる海「偉大なる航路(グランドライン)」を目指す。

ワンピース グッズ

ワンピース DXF BROTHERHOOD II フィギュア アニメ グッズ プライズ バンプレスト ルフィ&サボ&エース全3種フルコンプセット

フィギュアーツZERO シャンクス(頂上決戦Ver.) [並行輸入品]

 

スポンサーリンク



ONEPIECE考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました